テクニカル分析

チャート分析 ビットコイン(BTC)

2019/12/13 BTCUSD ビットコインはしばらく保ち合いか?アルトの動きにも注目

一旦重要なサポートラインを維持したため、しばらくは横ばいな動きとなりそう。

BTCUSD 4時間足

7100ドル台を重要なサポートライン(紫の水平線)とみた場合、下降レジスタンス(斜めの赤線)と合わさりディセンディングトライアングルを形成しているだろうと見ている。
仮にどちらかに抜ける場合は、最大12月21日あたりまでには決着が着くだろうと予想。

少し気になるのは以前から続いている暴騰直後の安値更新の動き。
上ヒゲが数多くついているのが目立っているので、売りによる圧力が強い。
大きく買われた動機がつかめないが、この上ヒゲは数を重ねるごとに段々と短くなっていってるのがわかる。
これが何を示唆しているのか、とても気になるところではあるが…

アルトコインに流れる動き

一部だけではあるが、BTCがレンジ相場であるとアルトコインに流れる動きが目立つ。
個人的に観測しているVIA、XVG、 ATOMあたりは良い動きをしているように見えるので、そちらも動かしながら資金を回していきたいと思う。

TOTAL2 日足

このチャートはBTCを除くアルトコインの時価総額チャート。
黄色サポートライン上を推移しているが、なんとか維持している。サポートの底付近にあるので、これから少しはアルトコイン全体に資金が入ってくるのでは?と推測できる。
また、来年初頭までには分かるであろうペナント突破の動きにも注目していきたい。

  • この記事を書いた人

Maesuke

新米Webデザイナー。 IT全般やWeb関係、暗号資産(仮想通貨)に興味を持ち、気になった情報などを日々つぶやき続ける普通の人。 トレード経験は2017年4月から仮想通貨のみアリ。binance等でアルトコインの現物売買の他、ビットコインFXも時々やります。 IT・Web関係のブログはこちら→https://maesuke.com/blog/

-チャート分析, ビットコイン(BTC)
-, ,

Copyright© Maesuke@Crypto , 2020 All Rights Reserved.