テクニカル分析

アルトコイン チャート分析 ビットコイン(BTC)

2019/12/23 BTCUSD ビットコインは無事複数のレジスタンスラインを突破!

週明けの月曜日、直近のディセンディングトライアングルのレジスタンスラインを2つも突破した。

BTCUSD 4時間足

青色レジスタンスを明確に越えたため、今度は最大のラインである7800ドルを目指すものと思われる。
こういった高騰でよくあるパターンが、一気に上に突き抜けたと思えば大きな上ヒゲで終わってしまうパターン
短時間で仮に7800ドルを越えたとしても、せめて1日は様子を見てから買いたいもの。ド短期トレードを行なうのなら別だが…

BTCUSD 1時間足

勢いにもよるが、一旦7800ドルを目指したのちに7500ドル前後まで下落が訪れるものと思われる。
ただ、8000ドルを明確に越えた場合は見方を変えることとする。

また、今回からビットコインドミナンスを表示することにした。(背景にうっすらチャートを表示している)
ビットコインドミナンスとは?といった方に説明すると、暗号資産総額に対するビットコインの占有率・シェアのことである。
記事作成時点では69.5%なので、残りの30%はアルトコイン市場である。
ビットコインドミナンス(占有率)が高まるとアルト→BTCへ流れている、逆に低くなるとBTC→アルトへ流れていると読める。
つまり、BTCドミナンスが高まっている今、アルトコインをホールドすると下落に巻き込まれやすい可能性があるので注意。

本日の気になるアルトコインViacoin (VIA)

Viacoinは一時上昇を期待していたが、残念ながら下抜けしてしまった。しかしふたたび希望が見えてきたようだ。

落ちるところまで落ちた感のあるVIA。
しかし100日SMA(水色ライン)に支えられ、再度上昇を開始したようだ。
長期的な上昇はまだ微妙だが、売り時を間違えなければ良い買いチャンスに見える。
2600satあたりが一旦のレジスタンスのように思うが、SMAを割りそうな場合は注意するべきである。

Viacoinはビットコインの25倍の速度で取引でき、またライトニングネットワークにより毎秒数百億~数十億回の取引を処理できるため、動画ストリーミングなどに活用される技術であると期待されている。その他、segwitの導入、プライバシーに特化した仕組みなどがある。

  • この記事を書いた人

Maesuke

新米Webデザイナー。 IT全般やWeb関係、暗号資産(仮想通貨)に興味を持ち、気になった情報などを日々つぶやき続ける普通の人。 トレード経験は2017年4月から仮想通貨のみアリ。binance等でアルトコインの現物売買の他、ビットコインFXも時々やります。 IT・Web関係のブログはこちら→https://maesuke.com/blog/

-アルトコイン, チャート分析, ビットコイン(BTC)
-, , , , ,

Copyright© Maesuke@Crypto , 2020 All Rights Reserved.