テクニカル分析

アルトコイン チャート分析 ビットコイン(BTC)

2019/12/24 BTCUSD ビットコインは再度ディセトラ内に回帰。日足レベルでのチェックも必要。

一度越えたと思われるレジスタンスだったが、再度下落しまたしばらくレンジ相場が続きそうだ。

BTCUSD 日足

昨日は4時間足ベースで上抜けしたことを確認したが、今回の下落で何事かと日足をチェックすると、なるほどと思わせられた。
昨日の上抜けは上ヒゲで終わってしまった。

今後は様々な時間足で、どの足で見ても抜けたと確認できてから安心したいと気をつけたい所。
例えば今日AM9時の時点でまだ上に位置していれば安心できただろう。

これからの動きの予測についてだが、青線と紫線に挟まれたディセンディングトライアングル内を推移していくと思われる。
今年中、長ければ1月上旬あたりに方向性が見えてくるはず。
上抜け、下抜けしても安易についていってはいけないという所を頭に、今後の動きを観察していきたい。

本日の気になるアルトコインARPA Chain (ARPA)

BTCドミナンス(全仮想通貨の時価総額のうちのBTCの割合)が上昇している中、ARPA Chainは好調なようだ。

上ヒゲの連発を見る限り、チャート的な観点では今すぐの購入はあまりオススメできないが、ARPAは数多くの中国企業が提携した、ブロックチェーンベースのプライバシー保護に重きを置いたネットワークとのこと。
つい本日、中国での革新的なブロックチェーン企業TOP10にARPA Chainが選ばれたようだ。

まだARPA Chainについての日本語での情報は非常に少ないが、参画企業が多いことから今後注目されるであろうARPA。
今後適宜チェックしていきたい。

ARPA | A Privacy-Preserving Computation Network
https://arpachain.io/

  • この記事を書いた人

Maesuke

新米Webデザイナー。 IT全般やWeb関係、暗号資産(仮想通貨)に興味を持ち、気になった情報などを日々つぶやき続ける普通の人。 トレード経験は2017年4月から仮想通貨のみアリ。binance等でアルトコインの現物売買の他、ビットコインFXも時々やります。 IT・Web関係のブログはこちら→https://maesuke.com/blog/

-アルトコイン, チャート分析, ビットコイン(BTC)
-, , , , ,

Copyright© Maesuke@Crypto , 2020 All Rights Reserved.