テクニカル分析

アルトコイン チャート分析 ビットコイン(BTC)

2019/12/29 BTCUSD ビットコインは三角持ち合いを推移中。ただし買いが強い傾向に。

三角保ち合いを形成しつつ推移しており、上ヒゲをつける動きが目立っている。

BTCUSD 1時間足

直近に一目均衡雲の薄い箇所があるが、ここは下抜けせずに推移することを考えれば、保ち合いの青いレジスタンスラインを上抜けするパターンも考えられる。

少し気になるのは、何となくBTC取引の人口が減っているせいか上がりも下がりもせず、出来高を伴わないままレンジ相場を形成しているようにみえる。
様子を見ている人が多い可能性もあるが、どちらにしろペナント抜けした場合は大きく動くことが予想される。

抜けた方に追いかけることを意識しつつ、まだまだ様子を見ていきたいところ。

現在のビットコインドミナンス = アルトコインの今後について

BTC.D 日足

ビットコインドミナンスとは、仮想通貨全体の時価総額に対するBTCの割合のことである。

ドミナンスのチャートが上昇し、アルトコインから資金が抜けていく動きを先週あたりに観測されたが、今は紫の水平線が意識されているように見える。

この水平線を底に再度ドミナンスが上昇すれば、とりあえずはBTC一択で上昇する動きが見られることが予想される。

アルトコインを保有している場合は注意して見ていきたい。

  • この記事を書いた人

Maesuke

新米Webデザイナー。 IT全般やWeb関係、暗号資産(仮想通貨)に興味を持ち、気になった情報などを日々つぶやき続ける普通の人。 トレード経験は2017年4月から仮想通貨のみアリ。binance等でアルトコインの現物売買の他、ビットコインFXも時々やります。 IT・Web関係のブログはこちら→https://maesuke.com/blog/

-アルトコイン, チャート分析, ビットコイン(BTC)
-, , , ,

Copyright© Maesuke@Crypto , 2020 All Rights Reserved.